リーダーミーティング2016 参加者募集!

tittle4.jpg

リーダーミーティング2016

「人材育成プログラム見本市」〜環境保全NPOの事例をもとに〜

2016年2月11日(木・祝)10:00〜16:15 @ 電気ビル本館 地下2階会議室

 

関わる人を大切にし、関わる人を増やしていく。

よい活動、よい事業を続けていくには関わる人が大切であり、それをいかに巻き込み、互いに育てあう場をつくっていくかが大切です。

人材育成はどんな分野においても大切なテーマですが、JCVNでは、現場リーダーに求められるスキルについて英国の環境保全ボランティアのノウハウや会議のファシリテーション技術、そして堆肥づくりや森づくりの現場の声を反映させ、仲間をまとめる、作業を進める、安全を管理する、課題を解決する、という4つのキーワードを中心に人材育成プログラムを開発してきました。

今回は、その一部を皆さんと共有し、活用法を考えたいと思います。

環境保全分野をはじめとするNPO・ボランティア関係者の皆さんはもちろん、企業や教育の現場でご活躍の皆さんにご参加いただき、よりよい人材育成プログラムについて考える一日としたいと思います。

皆様のお越しをお待ちしております!

……………………………………………………………………………………

と き:平成28年2月11日(木・祝)
     10:00〜16:15(9:30受付)

ところ:電気ビル本館 地下2階会議室

    (福岡市中央区渡辺通2丁目1-82)

対 象:人材育成プログラムに興味がある方、環境保全活動などの現場でのリーダーシップに関心のある方 (定員40名)

参加費:一般1000円、学生無料。
    ※イベント運営のため、寄付を募っております。可能な方はご協力ください。

……………………………………………………………………………………

プログラム:
   9:30受付
 10:00開始
 ◎第1部 JCVN人材育成プログラム見本市
  1〜3の時間でAかBのいずれかを選んでご参加ください(先着順)。
  定員によりご希望のプログラムにご参加いただけない場合があります。

 10:00〜11:00
   1A__ツールトーク(プレゼンテーション・トレーニング)
   1B__チームゲーム(雰囲気づくりとチームビルディング)

 11:15〜12:15
   2A__現場リーダーのスキルとは(スキル統括表をもとに)
   2B__リスクアセスメント実習(危険の予測と評価、備え)

 (12:15〜13:30 昼食休憩 ※展示コーナー開設)

 13:30〜14:45

   3A__循環の仕組みをつくる(暮らしの中の循環をデザイン)
   3B__課題解決ワーク(いざというとき、リーダーはどう判断する?)

 ◎第2部 全体会
 15:00〜16:15
  見本市のトレーナーを交えて、現場のリーダーをテーマに全体での対話を行います。
 16:15解散

……………………………………………………………………………………

申込み方法: こちらのフォームからお申込みください。
……………………………………………………………………………………

◆お問合わせ先◆
  NPO法人日本環境保全ボランティアネットワーク(JCVN)
  (事務局:NPO法人グリーンシティ福岡内/担当:志賀)
  〒810-0022 福岡市中央区薬院4丁目5-2 ARKヴィラ薬院202
  TEL/FAX: 092-215-3966
  Eメール: jcvn@greencity-f.org
  サイト : http://www.jcvn.net/
…………………………………………………………………………………

主催:NPO法人 日本環境保全ボランティアネットワーク(略称:JCVN)
後援:九州電力(株)
協力:NPO法人循環生活研究所、NPO法人グリーンシティ福岡、
  NPO法人トチギ環境未来基地、NPO法人山村塾、九州大学大学院芸術
  工学研究院、自然環境復元学会

 …………………………………………………………………………………
人材育成プログラムを担当するJCVNのトレーナー

 大木本 舞NPO法人トチギ環境未来基地 事務局長)
 栃木県内で環境保全活動や若者自立支援に取り組む。東日本大震災後の2011年4月末よりいわき市での支援活動を開始、多くのボランティアと現場で活動。米国Conservation Corps経験者。

 小森 耕太NPO法人山村塾 事務局長)
 大学時代に山村塾の活動と出会い、2000年4月に八女市黒木町に移住。以後、地域の農林家と連携し、里山保全や都市農山村交流活動を企画運営。平成24年九州北部豪雨災害を受けた笠原地区の復興に力を注いでいる。

 たいら 由以子NPO法人循環生活研究所 理事長)
 半径2kmでの資源循環、堆肥づくりの専門NPOとして活動。堆肥の指導者や半農都会人の養成、小さな循環ファームの運営および人材育成・支援、海外部門を担当している。

 朝廣 和夫(九州大学大学院芸術工学研究院 緑地保全学研究室
 専門は緑地保全学。里山保全を主キーワードに、都市・農山村の緑地の調査および保全ボランティア活動の展開・支援を継続実施。

…………………………………………………………………………………
JCVNについて
JCVN は人を育て、つなげることで環境保全活動を広めていくNPOです。
毎年2/11にリーダーミーティングと題し、シンポジウムを開催しています。
 2015年「災害ボランティアの現場リーダー」
 2014年「再生する海岸林」 —松枯れ、防災、ボランティア—
 2013年「市民参加の松原保全」。
 2012年「パートナーシップで自然歩道を守る」。
 2011年「里山・田園保全リーダーミーティング」

P2111116.jpg